インターネット上の誹謗中傷・逆SEO対策ならお任せください|風評対策110

ネット上の誹謗中傷・風評被害はすぐに解決できます。

 

インターネット上の風評被害に関しては、私たちにご相談いただければ全て解決することが出来ます。誠心誠意対応してくれる信頼できる業者を探している、そんな方もぜひご連絡ください!!

風評対策メニュー一覧 困った時はすぐにご相談ください。

@予測変換削除
YahooやGoogleの関連検索ワードを削除する!検索ボックスに入力した際に、予測変換や関連検索ワードにネガティブなものが表示されてしまっている方は削除してしまうことをお勧めします。

A逆SEO対策
逆SEO対策で誹謗中傷サイトを押し下げる!誹謗中傷、悪評・風評サイトに悩まされているのであれば逆SEOで検索結果の2ページ目以降に落としてしまうのをお勧めします。

B個別サイト対策
中傷サイト・ブログ・2ch・まとめ・口コミなどを削除する!個別サイトの誹謗中傷や悪評はひとつひとつ丁寧に対処していけば削除が可能なケースも多いです。

 

 

確かな技術力で問題を解決致します。

予測変換削除、逆SEO、本人特定など、インターネット上の誹謗中傷・風評被害なら何でもおまかせください!

 

信頼の相談実績2000件以上!!

施策専門の会社として活動していた期間もあるので、相談実績の累計は2000件以上です。施策には信念とプライドを持って営業しています。

 

柔軟な費用設定・安心の返金保証

料金体系もご都合に合わせて柔軟に対応できます。お預かりした費用があり、万が一施策が成功しなければ返金いたします。

 

当社の風評対策が評価される3つの理由の詳細はこちら

ご相談からご依頼までの流れ

施策開始までは無料で対応させていただいておりますので、まずはお問い合わせください
※ご契約までは社名を伏せてのご相談もお受けしております。

 


 



誹謗中傷対策・風評被害対策前に知っておきたい知識

最短即日対応!ネット上の誹謗中傷・風評の対処は早ければ早いほど良いです。

 

社名・サービス名をYahooやGoogleの検索ボックスに入力するとネガティブな予測キーワードが表示されてしまう。社名・サービス名の検索結果の上位に誹謗中傷サイトが表示されてしまう。その他、様々な媒体で誹謗中傷を書かれてしまっている。そういったネット上の誹謗中傷を最適、かつ迅速に解決するのが私たちです。

 

ネット上の風評被害を解決するためには≪サジェスト削除≫≪逆SEO≫≪削除申請(法的対処)≫の3つの手段が用いられますが、これらを最適な形で合わせて運用していく必要があります。

 

当社の強みは、この3つの手段を全て取ることが出来るということです(法的対処は外部のパートナー弁護士事務所)。

 

一つ一つのノウハウを持っている業者は無数にありますが、実態として、施策部分を外部に委託してしまうケースが非常に多いです。法的な対処しかできないと、対応できないケースはかなり多いですし、逆に逆SEOなどの技術的な手段しか持たない場合も費用がかさんでしまいます。そうなってくると、単純にお客様への費用負担に跳ね返ったり、もしくは、責任の持てないサービスを提供してしまうことも多いです。

 

当社ではすべての施策を責任を持って行うことが出来ますので、クォリティの高いワンストップのサービスを出来るだけ安価で提供することが出来ています。

 

※予測変換・サジェスト削除は技術的な難易度も低く、まともな業者であれば、まず削除することは出来ます。
しかし、逆SEOに関しては長期的な効果を持続させるためには、専門的な知識はもとより、施策を行うための質の高い被リンクサイト群をしっかりと手間暇かけて作り続けなければいけないため、難易度はとても高くなります。初期費用だけ受け取り、後は何もしないという悪徳な業者も存在しますので(何もしなかったのか出来なかったのかは計りかねますが)、その点はご注意ください。

YahooやGoogleの予測変換の削除

予測変換の削除に関しては、実は難易度はそれほど高くありません。一部のいい加減な業者を除き、どこの業者も技術力的にはそれほど差はなく、Yahooは最短1日Gooogleは2カ月程度とおおむねその程度の施策期間となっています(Googleの施策は難易度が極めて高い場合があり、法的な対処が有効な場合があるので応相談)。

 

注意しておきたいのは、サジェストは一度消して終わりではないということです。やはり、もともとが自然発生的に“そのキーワードで検索する人が一定数いた”わけですので、一度対策をしてもまたサジェストに表示されてしまうこともあります。ですので、必要なのは消すことと、その状態を維持するためにメンテナンスをすることです。

 

単発の消し切りでは、中長期的な目線で見ると損をしてしまうことがありますので、この点はご注意ください。

逆SEOによる順位押し下げ

当社にご依頼を頂くクライアント様の多くは、誹謗中傷サイトにも頭を悩ませています。その場合、いわゆる逆SEO対策が必要になってきますが、逆SEOには専門的なノウハウが必要です。まず、いくつか質問に解りやすく回答していきましょう。

 

逆SEO対策とはどういうものでしょうか?

 

御社にとってポジティブなサイトの検索結果を上位表示し、相対的に風評サイトを2ページ目まで押し下げる施策です。

 

誹謗中傷サイトを狙い撃ちで除外することは出来ないのか?

 

誹謗中傷サイトに悪質な被リンクを大量につけることで、Googleからのペナルティを人為的におこし、検索結果から除外することも可能です。しかし、この手法の場合は対象サイトにいくつかの条件が揃っていないと出来ません。ほとんどが上記の逆SEO対策での施策になります。

 

効果的な逆SEO対策は?

 

逆SEO対策は、その他のサイトへのSEO施策ですので、基本的には良いSEO施策を行うことです。当社の場合は、SEOに関しては業界トップレベルのクォリティを維持し続けています。SEOのノウハウももちろん大事ですが、いかに良質な被リンク資産を構築出来ているかが勝負になります。

 

詳しい方であればご存知かと思いますが、ここ数年のGoogleのアップデートにより、大規模SEO業者の被リンク群は軒並みインデックス削除され、従来のように「当社保有の数万ドメインからリンクを送ります」というようなスパミックなやり方は、ほぼ通用しなくなっています(キーワードのレベルによっては戦えますが、再現性が極めて低いです)。この分野はプロの私たちにお任せください。

 

メールでのお問い合わせ

*は必須項目です

*お名前
*ふりがな
会社名
*お電話番号 - -
*メールアドレス
(確認用)
*ご希望の連絡時間帯 午前中13時〜17時17時以降 ※複数選択可能
*ご相談内容